1. ホーム
  2. 観光>
  3. 観光のお知らせ>
  4. 5月のイベント情報

観光

5月のイベント情報

第107回益子春の陶器市
益子国際工芸交流事業2022アーティスト・イン・レジデンスin益子ターニャ・ヘルマン+太田剛速展
開館30周年記念 1958~ 益子個人陶芸の夜明け
スポットライト: -窯変を求めて- 峯岸勢晃
春のましこ天文台特別観望会
第1回歴史めぐり

第107回 益子春の陶器市

4月29日(土・祝)~5月7日(日)町内各所(城内坂・サヤド地区中心)において「益子春の陶器市」が開催されます。


益子陶器市

陶器市は1966年(昭和41年)から始まり、例年、春のゴールデンウイークと秋の11月3日前後に開催されます。販売店約50店舗の他約600のテントが立ち並び、伝統的な益子焼から、カップや皿などの日用品、美術品まで販売されます。テントでは新進作家や窯元の職人さん達と直接会話を楽しむことができます。焼物だけでなく地元農産物や特産品の販売も行われ、春秋あわせて約60万人の人出があります。

※新型コロナウイルス感染症の感染状況により変更になる場合がございます。

●お問い合わせ  益子観光協会  TEL:0285-70-1120  FAX:0285-72-1135
http://www.mashiko-kankou.org/

益子国際工芸交流事業2022アーティスト・イン・レジデンスin益子ターニャ・ヘルマン+太田剛速展

3月25日(土)から6月18日(日)まで、益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子 第3展示室において、益子国際工芸交流事業2022アーティスト・イン・レジデンスin益子ターニャ・ヘルマン+太田剛速展を開催します。

個人陶芸の夜明け表 ターニャ・太田チラシ裏

益子国際工芸交流事業は、益子町と国内外のアーティストの交流促進や、益子の陶芸(工芸)文化の共有を目指し、2014年5月に始まりました。アーティスト・イン・レジデンス事業(作家の滞在制作プログラム)や教育普及プログラムを実施しています。
海外との往来も作家滞在もできなかった2年を経て、国内在住の陶芸家に限定して2022年夏の滞在作家を公募しました。ターニャ・ヘルマン(東京)と太田剛速(小石原)が益子に滞在し制作した作品を、オリジナル作品や滞在中の写真とともに展示します。

●お問い合わせ 益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子 TEL:0285-72-7555   FAX:0285-72-7600
●開館時間 【9:30~17:00】
●HP:http://www.mashiko-museum.jp/  

開館30周年記念 1958~ 益子個人陶芸の夜明け

4月16日(日)から7月17日(月・祝)まで、益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子において、開館30周年記念 1958~ 益子個人陶芸の夜明け展を開催します。

個人陶芸の夜明け表 個人陶芸の夜明け裏

昭和30年に入ると、益子には陶芸を志す若者が数多く訪れるようになります。本展では1958年から70年頃益子に入った、加守田章二を始めとする陶芸家たちを紹介します。
濱田庄司が築いてきたそれまでの益子とは異なる、独自の作風を追求し、益子の一時代をなした陶芸家たちの作品をお楽しみください。

●お問い合わせ 益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子 TEL:0285-72-7555   FAX:0285-72-7600
●開館時間 【9:30~17:00】
●HP:http://www.mashiko-museum.jp/  

スポットライト: -窯変を求めて- 峯岸勢晃

4月16日(日)から7月17日(月・祝)まで、益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子 2階展示室において、スポットライト: -窯変を求めて- 峯岸勢晃展を開催します。

栃木県では益子を中心に焼物が盛んにつくられていますが、那須塩原市には青瓷の制作に励んだ峯岸勢晃がいました。青瓷といっても翠瓷、米色青瓷、粉青瓷と作域は広いのですが、近年は米色瓷に挑戦していました。本展示では峯岸の青瓷19点によってその魅力を紹介します。

●お問い合わせ 益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子 TEL:0285-72-7555   FAX:0285-72-7600
●開館時間 【9:30~17:00】
●HP:http://www.mashiko-museum.jp/  

春のましこ天文台特別観望会

4月28日(金)から5月7日(日)まで、益子町天体観測施設スペース250において、春のましこ天文台特別観望会を開催します。

星空 横長

  • 昼の部|10:00~12:00  太陽の観測
  • 夜の部|19:00~21:00  月の観測他
  • 料 金|大人400円/小中学生200円

※新型コロナウイルスの感染状況により、変更または中止、利用者制限をする場合があります。
●お問い合わせ  フォレスト益子/益子町天体観測スペース250 TEL 0285-70-3305  FAX 0285-72-0403 
●HP:https://www.town.mashiko.lg.jp/page/page000702.html

第1回歴史めぐり

5月20日(土)に第1回歴史めぐりを開催します。

  • 内  容|江戸・明治時代の河川交通関連展示の見学
  • 場  所|さくら市ミュージアム、勝山城跡、千葉県立関宿城博物館
  • 対  象|町内にお住まいの方または町内にお勤めの方
  • 定  員|30名
  • 受付期間|5月9日(火)~5月18日(木)
  • 参  加 費|500円+施設入館料(あわせて1,000円程度)※昼食代別

●お問い合わせ  生涯学習課 [月曜休館(祝日の場合は翌日)]  TEL:0285-72-3101

スマートフォン用ページで見る