1. ホーム
  2. くらし>
  3. くらしのお知らせ>
  4. 18歳から大人に!成年年齢が引下げとなります

くらし

18歳から大人に!成年年齢が引下げとなります

◆「成年年齢」はいつから変わるの?

明治時代から今日まで約140年間、日本での成年年齢は20歳と民法で定められていました。この民法が改正されることにより、令和4年(2022年)4月1日から成年年齢が20歳から18歳に変わります。令和4年(2022年)4月1日に18歳、19歳に達している方はその日から新成人となります。

現在、未成年の方は、生年月日によって新成人となる日が、次のようになります。

 生年月日 新成人になる日成年年齢
2002年4月1日以前生まれ 20歳の誕生日 20歳
2002年4月2日~2003年4月1日生まれ 2022年4月1日 19歳
2003年4月2日~2004年4月1日生まれ 2022年4月1日 18歳
2004年4月2日以降生まれ 18歳の誕生日 18歳

◆成年に達すると何が変わる?

親の同意がなくても、自分の意思で契約ができるようになります

◆成年に達して一人で契約する際に注意することは?

その契約が必要かよく検討する力を身につけておくことが重要です。

未成年者の場合、契約には親の同意が必要です。もし、未成年者が親の同意を得ずに契約した場合には、民法で定められた「未成年者取消権」によって、その契約を取り消すことができます。この未成年者取消権は、未成年者を保護するためのものであり、未成年者の消費者被害を抑止する役割を果たしています。

成年に達すると、親の同意がなくても自分で契約ができるようになりますが、未成年者取消権は行使できなくなります。つまり、契約を結ぶかどうかを決めるのも自分なら、その契約に対して責任を負うのも自分自身になります。

契約には様々なルールがあり、そうした知識がないまま、安易に契約を交わすとトラブルに巻き込まれる可能性があります。社会経験に乏しく、保護がなくなったばかりの成年を狙い打ちにする悪質な事業者もいます。

◆消費者トラブルに巻き込まれた時は

そうした消費者トラブルに遭わないためには、未成年のうちから、契約に関する知識を学び、様々なルールを知った上で、その契約が必要かよく検討する力を身につけておくことが重要です。消費者庁の「18歳から大人」特設ページでは、「18歳から大人」として行動できるよう、関連する情報を紹介しています。

契約した後に疑問に思ったり、困ったり、不安に感じた時には、一人で抱え込まず、早めに消費生活センターにご相談ください。

 ▶消費者庁の「18歳から大人」特設ページ

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは産業建設部観光商工課です。

〒321-4293 栃木県芳賀郡益子町大字益子2030番地

電話番号:0285-72-8845 ファクス番号:0285-70-1180

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る